Windowsコマンド虎の巻

setx

setxは、環境変数を永続的に設定するコマンドです。

構文

setx [オプション] <変数名> <値>
【オプション】
オプション説明
/Mシステム環境変数として保存する
(未指定時はユーザ環境変数として保存)
/K レジストリパスレジストリから設定する
/F ファイルパスファイルから設定する
/S接続先名を指定する
/U [ドメイン\]ユーザ接続先のユーザーを指定する
(/S オプションと併用)
/P [パスワード]接続先のパスワードを指定する
(/S オプションと併用)
/?コマンドのヘルプを表示する

サンプル

ユーザ環境変数に「HOGE=ABC」を設定する

C:¥>setx HOGE ABC 成功: 指定した値は保存されました。

システム環境変数に「HOGE=ABC」を設定する

C:¥>setx /m HOGE ABC 成功: 指定した値は保存されました。

既存のPathに「c:¥temp」を追加する

C:¥>setx /m Path "%Path%;c:¥temp" 成功: 指定した値は保存されました。

システム環境変数「HOGE」を削除する

C:¥>setx /m HOGE "" 成功: 指定した値は保存されました。

削除するには空文字を設定します。(下記補足もご覧ください。)

備考

  • 設定した値は、次回以降に立ち上げたコマンドプロンプトで有効です。
  • 設定した環境変数を削除するには、値を空文字にして登録すればコマンドプロンプト上では削除されますが、 「システムのプロパティ」画面⇒「環境変数」画面で確認すると定義自体は表示されます。
  • 完全に削除したい場合は、「環境変数」画面にて削除してください。