Windowsコマンド虎の巻

route

routeは、ルーティングテーブルの表示、追加、削除、変更 を行うコマンドです。

構文

(表示)route print [オプション] [ターゲット] (追加)route add [オプション] [mask ネットマスク] [ゲートウェイ] (削除)route delete [mask ネットマスク] (変更)route change [オプション]
【オプション】
オプション説明
-4IPv4の使用を強制する
-6IPv6の使用を強制する
-fルートを追加する前に現在のデフォルトルートを削除する
-p追加した情報がシステム再起動後も有効になる。
(デフォルトでは再起動後は破棄される)
-?コマンドのヘルプを表示する

サンプル(route print)

現在のルーティングテーブルを表示する(全て)

route print

現在のルーティングテーブルを表示する(IPv4のみ)

route print -4

ネットワーク宛先が192.168.1.10のルーティングテーブルを表示する

route print 192.168.1.10

サンプル(route add)

デフォルトゲートウェイを192.168.1.1に変更する

route add -f 0.0.0.0 mask 0.0.0.0 192.168.1.1

宛先192.168.1.10、マスク255.255.255.0、ゲートウェイ10.1.1.1を恒久的に追加する

route add -p 192.168.1.10 mask 255.255.255.0 10.1.1.1

サンプル(route delete)

ネットワーク宛先が192.168.1.10のルーティングテーブルを削除する

route delete 192.168.1.10

ネットワーク宛先が192.168.1.10でネットマスクが255.255.255.0のルーティングテーブルを削除する

route delete 192.168.1.10 mask 255.255.255.0

サンプル(route change)

デフォルトゲートウェイを192.168.1.1に変更

route change 0.0.0.0 mask 0.0.0.0 192.168.1.1

備考

  • route addなどで変更した内容の反映に再起動は不要です。
  • route printで表示した結果、ネットワーク宛先が0.0.0.0となっているものがデフォルトゲートウェイです。