Windowsコマンド虎の巻

gpresult

gpresultは、ポリシーの結果セット(RSoP)を表示するコマンドです。

構文

gpresult [オプション]
【オプション】
/R概要情報を表示する
/V詳細情報を表示する
/Zさらに詳細な情報を表示する
/S接続先名を指定する
/U [ドメイン\]ユーザ接続先のユーザーを指定する
(/S オプションと併用)
/P [パスワード]接続先のパスワードを指定する
(/S オプションと併用)
/SCOPE USER|COMPUTERスコープを指定する
USER:ユーザ情報 COMPUTER:コンピュータ情報
/USER ユーザ名指定したユーザの情報を表示する
/X ファイル名結果をXML形式でファイルに出力する
/H ファイル名結果をHTML形式でファイルに出力する
/F同名のファイルが存在する場合は上書きする
(/X または /Hと同時に使用)
/?コマンドのヘルプを表示する

サンプル

RSoPの概要情報を表示する

C:¥>gpresult /r

多くの情報が表示されるので、表示内容は実機にてご確認ください。

RSoPの詳細情報を表示する

C:¥>gpresult /v

RSoPのユーザ概要情報を表示する

C:¥>gpresult /r /scope user

RSoPの taroユーザの概要情報を表示する

C:¥>gpresult /r /user taro

RSoP情報をXML形式でファイル「aa.xml」に出力する

C:¥>gpresult /x aa.xml

RSoP情報をHTML形式でファイル「aa.html」に出力する

C:¥>gpresult /h aa.html

備考

  • ポリシーの結果セット(RSoP)とは簡単にいうと、パソコンに設定されている情報のことです。(RSoP:Result Set of Policy)
  • gpresultを実行すると、結果が出力されるまで数秒かかります。
  • ファイル出力時、既に同名ファイルが存在する場合は処理が中断します。
    中断せずに上書きとしたい場合は、「/F」オプションを併用してください。