Windowsコマンド虎の巻

arp

arpは、IPアドレスとMACアドレスの対応状況の確認と変更を行うコマンドです。

解説

arpはIPアドレスからMacアドレスを調べるプロトコルです。

arpコマンドを使うと、IPアドレスとMacアドレスの対応表を確認したり、
対応の追加や削除を行うことができます。

構文

(構文)
ARP [オプション]
【オプション】
オプション説明
/aARPテーブルを表示する
/d <IP>ARPテーブルから削除する
/s <IP> <MAC>ARPテーブルにIPとMACアドレスの対応を追加する
/?コマンドのヘルプを表示する

サンプル

ARPテーブルを表示する

arp -a

IP(999.999.999.999)のARPテーブルを表示する

arp -a 999.999.999.999

ARPテーブルにIPとMACアドレスの対応を追加する

arp -s 999.999.999.999 00-00-00-00-00-00

IP(999.999.999.999)のARPテーブルを削除する

arp -d 999.999.999.999

備考

  • ARPは「アープ」と読みます。
  • ARPは、Address Resolution Protocolの頭文字を取ったものです。

関連項目

  • getmac:MACアドレスを表示する