Windowsコマンド虎の巻

pushd

pushdは、移動履歴を残しつつカレントディレクトリを変更するコマンドです。

構文

pushd [ディレクトリ] pushd /?
【オプション】
オプション説明
/?コマンドのヘルプを表示する

サンプル

履歴を確認する

c:¥>pushd c:¥dir2 c:¥dir1

ディレクトリ「c:¥dir3」へ履歴を残しつつ移動する

c:¥>pushd c:¥dir3

ヘルプ

c:¥>pushd /?

「help pushd」でもOKです。

備考

  • pushdで残した履歴をたどってディレクトリを移動するには、popdコマンドを使用します。