Windowsコマンド虎の巻

chcp

chcpは、コンソールの文字コードの表示と設定を行うコマンドです。

構文

chcp [コードページ番号]

コードページ番号を省略すると現在のコードページ番号が表示されます。

【オプション】
オプション説明
/?コマンドのヘルプを表示する
【コードページ番号と文字コード対応表】
コードページ番号文字コード
932shift_jis
1200utf-16
51932euc-jp
65000utf-7
65001utf-8

詳細な対応表は、microsoftのページを参照ください。

 ⇒ https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/desktop/Intl/code-page-identifiers

サンプル

現在のコードページ番号を表示する

c:¥>chcp 現在のコード ページ: 932

この場合、932(shift_jis)であることが確認できます。

コードページ番号を「65001」に設定する

c:¥>chcp 65001 Active code page: 65001

備考

  • Windowsのデフォルトのコードページ番号は、932(shift_jis)です。

chcpで変更したコードページをコマンドプロンプトに保存する

chcpで変更したコードページは、そのままではコマンドプロンプトに保存されません。

コードページ(文字コード)をコマンドプロンプトに保存するには以下手順で保存してください。

①chcpでコードページを変更する

(例)コードページ番号を65001(UTF-8)にする

c:¥>chcp 65001

②コマンドプロンプトのプロパティ画面を開く

コマンドプロンプトのタイトル部分を右クリック⇒プロパティを選択する。

Windowsコマンドプロンプト プロパティメニュー Windowsコマンドプロンプト プロパティ画面

③そのまま「OK」ボタンをクリックする

これでchcpで変更したコードページが保存されます。