Windowsコマンド虎の巻

chkdsk

chkdskは、ドライブのエラーチェックと修復を行うコマンドです。

解説

chkdskコマンドではドライブのエラーチェックと修復を行うことができます。
対象はファイルシステムのエラーが対象で、ハードディスクのエラーを
対象とするものではありません。

構文

(構文)
CHKDSK [ドライブ文字] [オプション]
【オプション】
オプション説明
/fディスクのエラーを修復する
/r不良セクタを自動回復する
/vディスクの全ファイル名を表示する
/?コマンドのヘルプを表示する

サンプル

カレントのドライブのチェックのみを行う

C:¥WINDOWS¥system32>chkdsk ファイル システムの種類は NTFS です。 ボリューム ラベルは Windows です。 警告: /F パラメーターが指定されていません CHKDSK を読み取り専用モードで実行します。 ステージ 1: 基本のファイル システム構造を検査しています ... 800512 個のファイル レコードが処理されました。 ファイルの検査を完了しました。 フェーズの継続時間 (ファイル レコードの検査): 16.79 秒。 17693 個の大きなファイル レコードが処理されました。 フェーズの継続時間 (孤立ファイル レコードの回復): 0.00 ミリ秒。 0 個の問題のあるファイル レコードが処理されました。 フェーズの継続時間 (不良ファイル レコードの検査): 0.40 ミリ秒。 ...

上記は実行例です。

Cドライブのチェックを行う

chkdsk c:

Cドライブのチェックと修復を行う

chkdsk c: /r

備考

  • chkdskの実行は、コマンドプロンプトを管理者として実行する必要があります。
  • オプションを付けずにchkdskを実行するとチェックのみ行うので、安全に実行できます。