Windowsコマンド虎の巻

attrib

attribは、ファイル属性の表示と設定を行うコマンドです。

構文

attrib [オプション] [対象ファイル]
【オプション】
オプション説明
/Dディレクトリも対象とする
(/Sオプションを同時に指定する必要あり)
/Sサブディレクトリも対象とする
+R | -R+R:読取り専用属性を設定する。
-R:読取り専用属性を解除する。
+A | -A+A:アーカイブ属性を設定する。
-A:アーカイブ属性を解除する。
+S | -S+S:システムファイル属性を設定する。
-S:システムファイル属性を解除する。
+H | -H+H:隠しファイル属性を設定する。
-H:隠しファイル属性を解除する。
+I | -I+I:非インデックス対象ファイル属性を設定する。
-I:非インデックス対象ファイル属性を解除する。
/?コマンドのヘルプを表示する

サンプル

カレントディレクトリにあるファイルの属性を表示する

c:¥temp>attrib A R C:¥temp¥aa.txt A H C:¥temp¥bb.txt A HR C:¥temp¥cc.txt A C:¥temp¥dd.txt A C:¥temp¥ee.xlsx

カレントディレクトリにある拡張子が「.txt」ファイルの属性を表示する

c:¥temp>attrib *.txt A R C:¥temp¥aa.txt A H C:¥temp¥bb.txt A HR C:¥temp¥cc.txt A C:¥temp¥dd.txt

カレントディレクトリにある全てのディレクトリとファイルの属性を表示する

c:¥temp>attrib /d /s *.txt A C:¥temp¥d1¥xx.txt A R C:¥temp¥aa.txt A H C:¥temp¥bb.txt A HR C:¥temp¥cc.txt A C:¥temp¥dd.txt A C:¥temp¥ee.xlsx

ファイル「bb.txt」を隠しファイルとする

c:¥>attrib +h bb.txt

ファイル「aa.txt」の読取り専用属性を解除する

c:¥>attrib -r aa.txt

備考

  • attribコマンドは、attribute(属性)という単語が語源です。